Return to site

物件をさがすということ

· 宿のこと

かれこれ1年以上前から宿屋の物件を探しているわけですが、

具体的に何をしているか、きっとよくわからない人もいるんだろうなぁ、ということで

今回は物件探しについてちょっとだけ書いてみようと思います。

ねむいからちょっとだけね。

物件探しの9割はズバリ!

…コンコン。「こんにちは~。突然すみません。fooと申します。私、この町で宿屋をやりたいと思ってまして、物件を探しているのですけれども、、うんたらかんたら~」

です!

THE 飛び込み訪問

とてつもなく地道な作業です。

それはそれは精神が削られまくる活動です。

もちろん最初は町の人と仲良くなって、キーマンになりそうな人を見つけて、そこからドアノックするお宅のアドバイス(推薦?)をもらうんですけどね。

田舎は特にそういうところの気遣いが難しいですから。

「重鎮のわしに挨拶もせずに勝手に他所もんが入り込みおって!わしは絶対認めんぞ!」

みたいなことになると、物件探し以前にその町自体に出入り禁止にされかねません。

訪問も順序を守ってやらなくちゃね。

あとは事業計画の資料を持って(特に最初はビジュアル的なもの。イメージしてもらいやすくするために。)、一人ひとり町のキーマンにプレゼン、共感してもらう。

そうしたら協力者になってくれて、自分で一軒一軒ドアノックしなくても空き家情報が入り次第連絡をもらえる!なんてことがある。

もちろん不動産屋さんや空き家バンクも登録したり相談に行ったりしますが、

奈良の場合は私の経験上、あんまり…な感じでした。

予算が潤沢にある場合はよいのかも知れませんが、私の場合かなり低予算なもので。。

(社会人になってからがんばって4年半貯金して開業できる最低資金くらいは貯めたのですが、まぁそんなもんですよ。はい。)

融資なんかは将来的に借りる予定ですが、できるだけ借金は減らしたいですしね。

でも安い物件は不動産屋さんもあまり本気では探してくれません。当然です。

もし私が不動産屋でもやる気出ませんもん。こんな案件。

となると、自分で探すのが一番早いのかなぁ、という感じです。

(あくまで私の経験上です。)

ちなみに私は今のところ会社員を続けながら物件探しを進めているのですが、

なんやかんやその他の活動もしているもので(出張カレー屋さんとか、イベントでのカフェ出店とか、誘われるがままに島に行ったりとか…)、すべての土日を物件探しに充ててはいません。

というのも、根を詰めすぎると精神的にやられるので、あえて抜いています。

仕事でも、同じようなことやってるんですよね。

私の部署は新規事業を一つの立派な事業へと成長させることがミッションなのですが、

私の主な担当は、将来その新規事業の大口顧客となる新規顧客をとってくる仕事。

永遠につづく新規開拓。

心が折れたら負け、という仕事。

そんなことをやってきたもので、自分のメンタルの限界は把握しているつもりです。

もちろんリミッター外してがんばることもできますが、

そしたらたぶん仕事できなくなっちゃうんで。

そしたら貯金できなくなっちゃうんで。。

お金たいせつ!おかね!

うむ。

最終的になんか下世話な話にまとまってしまいました。

きっとねむいからです。

まだ若干、島での疲労を引きずっているということで許してくださいまし。

睡眠削るとパフォーマンスが著しく落ちることで有名な私です。

ぐぅ

by foo

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly