· 宿のこと

物件というものは、現れるときにはドドドドッと現れて、全く出ないときには閑古鳥が鳴くくらい出ない。

そして今は、

ドドドドタイム。

ありがたいことです。

ありがたいことなんです。

が、

時間と体が足りない…!

同時進行で進めるときには、どのオーナーさんにも、どの関わっている方にも失礼のないようにしなければなりません。

挨拶、営業イメージの共有、質問事項の回答をまとめてもう一度挨拶、オーナーさんの許可が出たら保健所に確認、図面の作成…

などなど、やることはたくさん。

もし、その最中にどなたかが

「絶対うちがいいってわけじゃないなら、この話はなしってことで」

と言われた場合には、苦渋の決断をせねばならないときもあります。

そこまでストレートに言われずとも、

「うちでやるんか、やらんのか?」

と迫られることもあります。

競合が現れて、気付いた時にはごめんなさいされるときもあります。

かといって急いで決められるものでもありません。

(宿業の許可がそもそも下りるかどうか目処は立ってからでないと契約できませんからね。)

それに、しっかりお家と町を見させてもらった上で、長い目で見てそこで自分の将来をイメージできる、そんなお家で私はやりたいと思うのです。

そのためには、できるだけ頻繁にその町に足を運びたい。

一軒でもなかなかの忙しさなのですが、それが二軒、三軒、四軒となってくるともうてんてこ舞い。

事業計画書をつくるのも

「うん?どれがどのお家のだっけ?持ち歩くのは?渡すのは?どこまで作った?誤字脱字見直した??」

と、もうあっちゃこっちゃ。

土日しか動けないもので、土日は土日で物理的にあっちゃこっちゃ。

ふひー

でも、この大変さもありがたいですよね。

焦って焦らずでやっていきます。

by foo

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly